にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

2019年08月28日

大学受験 親を脅かす?

我が家でのことをいろいろ考えている時にたまたま続けて似たようなことを耳にしたので。

夫家族の人たちは私から見るとかなり子供っぽく見える。
いい年になっても自分が一番でいたいらしい。
すごく口先では相手のことをほめたり持ち上げたりするのだけど
それは相手を自分より下に見ている時に限られる。
そうでない場合、冷静な時は努めて無視。
冷静を保てない時はアラを探して相手のことを下げたりケチをつけずにいられない。

まぁ、そういうことをずっと感じてきてはいたのだけど
まさか自分の子供に対してまでもそうするとは思っていなかった
受験そのものは本人の努力と能力によるものだと思うけれど
それにしても受験勉強期間、ずっと精神的にも物理的にもこまごまと邪魔をしました。
勉強すること、努力することを無駄だとか、世の中に出ても役に立たない、と
勉強している横で話し続けたり、水を差すようなことばかりしました。
子供が熱望していた大学のことも社会で使える学生なんかあまりいないとバカにしたり、
そこまでして行ってどうするの?と否定ばかりでした。

ずっと私の中ではなんでなんだろう?という思いと
整理できない気持ちが渦巻いていました。
そういうことが何もなくても受験生を抱える家庭というのは
なにかと大変ではありませんか?
なんで応援してあげられないのだろう、と不思議でたまりませんでした。
応援できなくてもいいからせめて黙っててくれればいいのに、と。

今年受験が終わり、熱望していた大学が残念に終わると
夫はがらりと態度が変わりました。
安心したような、ほっとしたような様子に。
乱暴な序列をつけると多分一般的には夫の学歴よりも
下に位置するだろう思われる大学に決まったからです。

このことは私の中でまだ消化できていないのですが、
帰省した時に母がなにかの話から
いい大学を出て金融でバリバリ働いている兄に対して
父は微妙な気持ちをもっている、という話をきいて
そうなのか・・・と驚いたのです。
似たような話だな、と。

そして某小町を見てたら3人兄弟の末っ子の娘が
3人の中で一番出世したことにモヤモヤするという
お母様の投稿がありました。
息子たちの活躍は素直に喜べたのに
自分の同年代のときにした苦労などを思い出すと
娘に対してはモヤモヤしてしまう、と。

そういう親もいるということですね。
少なくないのかな?
私なんか周りにいっぱいすごい人たちがいるから
こんな親でごめんよ~。
せめてこんな親よりはステップアップしておくれ、って思っているから
踏み台にでも何でもなる覚悟なんですが。

ちなみに義母も言葉の端々に私に対する対抗心、とか
うちの実家に対する対抗心とか、
夫兄弟の義実家に対する対抗心とか、感じます。(疲れます

それにしてもね・・・。
私は当分、消化できそうにありません。
下の子は幸か不幸か夫の標的にならなさそうです

楽天市場


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

posted by まり at 06:00| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

教育費 大学受験について

大学の費用は悩ましい・・・。
教育費ほどハイリスクなものってないと思う。
上限がないため、折り合いをつけるのが難しい。

とはいえ、私の中ではある程度のところで線引きがあって
そこ以下の大学に行くのなら働いたほうが将来のためにはいいのでは?と考えている。
どこで線引きをするかは人それぞれなので名言は避けるけど
4年と500万を超えるお金を費やして何を学んだのかわからない状態で
「大学卒」というタイトルのために大学に行くぐらいなら
いくら高卒より初任給がいい、といっても
マイナス500万からのスタート、しかもその間、いくらかの収入×4年間、という
差があるのだから。
しかもプラス塾代もかかる

田中真紀子氏、当時文科相がだいぶ前に新しい大学の認可を却下した、と騒動になったが
私はこれから子供は減っていくのだし、赤字の大学が既に多い中、
新たに大金をつぎ込んで大学を新設するなんて、と思っていたので極めて理性的な判断だと思った。

大学の理系学部なのに数学がまともにできないとか、
英文科なのに英検2級もとれないとか、
義務教育じゃないのだから学びたいことがあって来ているはずなのに
スマホにおしゃべり、学級崩壊というか、授業が成り立たない、とか
そういう話をきくたび、なんちゃって大学卒を
4年という長い時間と大金をつぎ込んで取得して何になるのかと思って。

みなさん、お金持ちなのねぇ、と正直思いました。

で、そうなると下の子は微妙なラインなんですわ
ここ、大幅にコストカットするところかしら??

お名前.com


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
posted by まり at 11:27| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

教育費の節約

去年の転職のときと違って収入のブランクが一ヶ月限定でないのが精神不安定にさせる。
急には無理でも色々考えて最終的には自分の収入内での暮らしを成立させることが必要だと思う。
子供がいなければできると思うけど・・・。
普通に暮らしてたって一番教育費がきつい時なのに・・・てか、もともと
その時期をなんとか乗り切りたくて始めたブログなのにさ。
それどころではなくなってしまった

授業料は切り詰められないので塾などの校外でかかる費用を抑えなくては、なんだけど
これがアホな子ほどお金がかかるようになってるんだよね・・・
身近には塾無しで学年トップの成績を維持してる子もいるというのに。

下の子は大学受験のキモである英数がひどい。
このままでは受験どころか卒業すら危うい、と思って
学年最初に英語だけ塾にいれた。
なんせ10段階の「2」。
もう冗談抜きで危うい。
授業料はいくらか安くなるから、と1年分授業料払い込み済み。
なのでとりあえずあと半年通うが、問題は数学。

本当は後期から数学もとろうかと思っていたがそれどころではない。
上の子に見てもらおうと春から頼んでいるのに一度みてくれたきり。
10段階の成績が1あがるたびのボーナスも提示したのにやる気なし。
でも結局塾講師やるんでしょ? しかも数学の!!
家庭内で家庭教師代払うなら、子供も小遣い増えるわけだし、
終業式にもお願いしたのに結局、夏休みもここまでなにもせず。
まだ合宿から戻ってきてないけど、もう夏休みも終わりそうだけど
2学期以降は「家庭の緊急な事情もあり」、命令でみてもらうつもりです。

私も土日フルでは無理でも半日でも仕事を探そうかと思ってたけど
子供の英語をみてやって節約できたほうがいいのかしらん?と考えています。





にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
posted by まり at 00:00| Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com