にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

2019年11月21日

ついに父に

これまでずっと年末年始の移動は大変だし、
お正月は各家族で、
という方針だった父から
子供たち、お正月こっちにおいで、と申し出があった。
我が家はこんな状況だし、
今年はおせちとか、特別用意しない予定だったので
こんなありがたいことはない。
お正月に私の実家に行ったことがない子供たちも大喜び。



ところが2,3日してから改めて確認すると
「お前たちが学生の頃も、
 家族で過ごすべき、と友達と日の出を見に行きたい、
 というのを激怒してやめさせたことがあるのに
 そんなことを言って悪かった。
 各家庭でゆっくり来年の抱負などを
 語り合って過ごしてください。」
とメールがきた。
いやいや、そんな。
今年のお正月は今から想像するに
相当、殺伐とした雰囲気になりそうだ。



実家でお正月らしいお正月を過ごさせてもらえるなら
子供たちにはそうさせてあげたい。
両親と過ごせるお正月も「その次」が
あるのかわからないし。
そこで子供たちがすごく楽しみにしているので
そちらに負担でなければぜひ、と
再度言ってみた。
「○さんが(夫)がいいと確約してくれるなら。」
ときた。
一家の主に気を使ってくれるのだけど
父が思うような主ではない。
そこで
「○さんは転職活動をしているがうまくいっていない。
 本人の思いもあるだろうが家族は困っています。
 できれば子供たちには普通のお正月を
 過ごさせてあげたい。」



とメールした。すごくソフトに。
今年のはじめ頃、子供づてに
「パパが転職したいって。」
と聞いた父が私に激怒しながら
「お宅の夫は無責任ではないのか。」
とメールしてきたのだが、
多分、家でも怒り狂ってたのだろう、
母に
「あながが煽るようなこと言ってどうするの?」
とたしなめられた、という経緯があったので
今回は多分、この言い方で察してくれたろうけど
な~んにも触れてこなかった。
相当堪えてるなぁ。
血圧が上がりすぎなければいいけど。
いつまでも黙っているのも
何も相談されない、といわれてしまうし、
どのタイミングで、どんな風に、と
迷っていましたが、
とりあえずソフトに伝えてみました。
家計管理に役立つブログはコチラ!



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

いつまでも黙っているのも
何も相談されない、といわれてしまうし、
どのタイミングで、どんな風に、と
迷っていましたが、
とりあえずソフトに伝えてみました。
posted by まり at 07:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com