にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

2019年07月31日

奇跡の家計簿

パソコンでつけていた家計簿は何年分もデータが吹っ飛んでしまったり、
あまりちゃんと残っていないのですが、
ミッフィーの家計簿は大事にとってあります。
新婚時代の、というだけでなく、あの収入でよく生活してたな、と思える
汗と涙の結晶なのです。
だから大事にとってあります。
そしてまた大変な状況になってもきっとなんとかなる、という心の支えでもあります。

だらだらしていた夫は2,3ヵ月して働き始めました。
当時の収入は20万弱。
結婚直前、私は週4日働いていて20万弱だったのでもう人生で一番貧乏だった時代です。
振り込まれる金額が20万あれば御の字。
20万に届かない月の方が多かったです。

この頃、父に毎月どれくらいで生活しているのか聞かれたことがありました。
お金のことを話題にしない家庭だったので、父といえど聞かれることに抵抗があり、
お茶を濁していましたが、あまりにしつこいので最後には正直に。
多分、暮らし向きを心配してのことでしょうね。
「それって生活費?」
「違う、全収入。ここから家賃、夫の小遣いを引いた残りが生活費。」
父、絶句。
後で母に聞いたところによると、私には何も言いませんでしたが、
電話を切った後、母に
「絶対にそんなんで生活できるわけがない。」
と何度も何度も言っていたそうです。

家賃は7万弱。夫は小遣いに3万。
でも私はこんなんでは子供を大学にやれない、と思い、
郵便局の学資保険に入りました。中学高校入学時に50万、
大学入学時に500万の。
随分と思い切ったものです。
でもなにがあってもこれだけは、という必死の気持ちでした。
月々は3万弱。まさに保険貧乏な生活でした。
そしてもう一つ重くのしかかっていたのが夫が会社で積み立てる、という
毎月3万の積立金。
もういくらも残らないので本当に貧乏でした。
スーパーでは得意の暗算を駆使して予算厳守。

子連れで「だめよ~」といいながらも無造作かごに
お菓子やらなんやら無造作に放り込みながら買い物をしている親子がうらやましかった
そんな生活がこのミッフィーの家計簿には詰まっているのです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管<a href=にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村理・貯蓄(50代)へ" />
にほんブログ村




posted by まり at 07:00| Comment(0) | これまでの家計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

結婚した頃の家計

結婚した頃、夫は誰もがよく知る企業に勤めていました。
私はそうは思ってなかったけど友達には
「これで一生安泰だね。」と言われました。
出産直前まで私は働いていましたが、自分が鍵っ子で寂しかったため、
仕事はやめて欲しい、と言われました。
私たちの年代では、いったん辞めたらもうまともな職にはつけないだろうと思いましたが、
私の両親もまた、母親が働いて子供の面倒をちゃんと見られない家庭では
ろくな子供が育たない、という偏見を持っており、それを刷り込まれてきた私も
さして疑問を持たずに仕事をやめました。
もちろん、そういう偏見を持つなりに、夫が男がしっかり稼がないと、という考えを持っていることを前提に。

ところが夫は1人目が生まれた直後に仕事を辞めました
それでいてオムツ替えも、お風呂に入れたりや家事一切、まったく手伝わず。
触れ合って欲しい気持ちはありましたが、まぁ実家の父も企業戦士、という感じだったので
男性なんてこんなもんかな、と思っていました。
ところが父が遊びに来たときびっくりしたのが首の据わらない赤ちゃんをお風呂に入れるのがなんとまぁ上手なこと!
私よりも娘は安心して身を任せていました。
聞くと私たち兄弟子供だけでなく、近所に住んでいた甥っ子姪っ子もお風呂に入れていたとの事。
私の知らない父の一面でした。

まぁ、それはいいとして。
一ヶ月健診から暑い中帰ってくると夫が麦茶を入れてくれました。
「気が利くだろう。ほめて!」感、ありありの。
私はそんなことはどーでもいいから働いてくれよ、と思っていました。
というか、言いました。
するとむくれて、せっかくお茶を入れてあげたのに、だってさ。

私の中では、こんな子いたらどこも働かせてもらえないじゃないかよ。
仕事やめる気なら、私にやめてくれなんていうなよ!と怒りでいっぱいでした。
この頃、私の独身時代の貯金と失業保険で生活をしていました。


2CF51A0F-D1FA-44B8-A7B9-974EE4EE5218.jpeg

これはその頃使っていた家計簿です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
posted by まり at 08:00| Comment(0) | これまでの家計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

保険証問題

夫が退職したのでもちろん今持ってる保険証も返すことになるでしょう。
8月1日から新しいところで仕事、と言っていましたがこれはほぼ嘘のようです。
8月の後半には子供たちは合宿がありますが大抵保険証を持ってくるように言われます。
去年仕事をやめたときは4月1日から新しいところで仕事、といいながら
5月からになった、と延び、新学年で保険証の写しを提出するように言われても、
5月の宿泊行事にもってくるように言われても、持ってないものは出せません、で
子供には恥ずかしい思いをさせました。
6月にはいってようやく。
私は今は自分で入っているからいいけど・・・夫は頼みごとをしてもすぐにしてくれることはまずなく、
仕事で忙しかった、忘れてただけ、がたいていの言い訳で
結局してくれなかった、ということが多いです。

合宿があるからそれまでに持ってきてね、と言ってますがどうかな。
普通は仕事を始めて1週間もすれば保険証は届きますけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村=10936453">にほんブログ村
posted by まり at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com